ローズ倶楽部とは…中日新聞朝刊折込情報紙「ローズ」の読者会員組織です。シニアのいきがいと学びをテーマにイベント・講座などを開催しています。
Home Events 南仏プロヴァンスを愛した印象派画家「ゴッホ」の物語

南仏プロヴァンスを愛した印象派画家「ゴッホ」の物語

                      日本で世界を楽しもう                                                                     南仏プロヴァンスを愛した印象派画家「ゴッホ」の物語                           

同伴者参加可能

講 師/加藤 広明 〔㈱ツアー・ステーション代表〕

オランダで生まれ、27歳で画家になってから亡くなるまでの10年で約2,000点の作品を手がけた「フィンセント・ファン・ゴッホ」。農民の生活を主題にした作品や、印象派の影響を受けたパリ時代の作品など大胆な筆と強烈な色彩の独自スタイルで20世紀の芸術界に大きな影響を与えました。伏見にある「茗圃」にて、中国茶付きの飲茶ランチを楽しみながら、ゴッホの足跡をたどります。お食事後はゴッホ展を観賞。ゴッホの生きた時代に思いをはせてみませんか。                                    ※ゴッホ展にはガイドは付きません。                        

日 時/2月25日(金) 11:10~14:00
定 員/20
参加費/7,000円(会員)、7,500(同伴者)
集 合/地下鉄伏見駅                                                                 ★昼食付き

◇講師プロフィル                                                                              25年前に「旅づくりの職人」を目指して旅行会社を創立。国内、海外のクルーズやふるさとに眠る「宝」を磨き上げ、不易流行の新しい旅づくりに挑み続けている。


ログインして予約する

ローズ倶楽部会員ログイン

ローズセミナールーム

名古屋市中区栄2丁目11番30号
セントラルビル5F